粉剤・シロップ剤を犬に飲ませる方法って?基本のやり方とおすすめの方法、嫌がる場合の対処法

 
 
アレルギーの治療薬として、粉薬やシロップ剤が出されたけど、どうやって飲ませたらいいの?
 
さちかわ

粉薬やシロップ剤は飲み慣れていない犬が多いので、上手くいかないことも多いですよね。


本記事では、犬に粉剤・シロップ剤を飲ませる方法や注意点、嫌がる時の対処法を動物看護師が解説します。

 

▼犬に錠剤・カプセルを飲ませる方法はここをクリック

 

犬に粉剤・シロップ剤を飲ませる時のポイント

いつも通りを意識して

飼い主さんが意識しすぎると、愛犬は「何かされる…!」と敏感に察知します。

すると、飼い主さんの手が届かない場所に逃げたり、大好きなおやつすら食べてくれなくなる場合も。

美味しいものをくれるはずなのに、張り詰めた雰囲気が漂っているのは変ですよね。

薬を食べ物に混ぜて与える時は、「コレは特別なご褒美なんだよ」という雰囲気を出すようにしましょう。

 
さちかわ
直接薬を飲ませる時はとにかく素早く、犬が投薬の気配を察知する前に行うのがコツです。

食べ物に混ぜる時は、空腹時に与える

お腹が満たされていると、それだけで食いつきが悪くなります。

ただし、空腹状態では胃への負担になってしまう薬もあるので、ペコペコの状態はNG。

適度にお腹が空いている「小腹が空いた状態」の時に行うようにしましょう。

 

薬の形状は変えないこと

粉薬やカプセルなど、動物病院で処方される薬には様々な形状があり、それぞれ目的に沿って工夫されています。

薬の効果が十分に発揮できるよう、薬はできるだけ処方されたままの状態で犬に飲ませるようにしましょう。

 

誤嚥には十分に気をつける

犬に薬を飲ませる時に、1番気をつけなければいけないのは「誤嚥(ごえん)」です。

誤嚥とは、食べものや異物が間違って肺や気管に入ってしまうことで、嘔吐や呼吸困難の原因になります。

愛犬に薬を飲ませる時は過度に上を向けすぎず、まっすぐより少し上くらいを意識してください。

 

 

錠剤・カプセル剤の飲ませ方①食事に混ぜる

もっとも簡単で、かつ犬にストレスのかからない薬の飲ませ方です。

まずは、いつも食べているドッグフードに薬を混ぜて、食べてくれるか様子をみましょう。

フードに混ぜる時は、少なめの量にまず混ぜて、それを完食してから混ぜていないフードをあげてくださいね。

 
さちかわ
全体に混ぜてしまうと、食べきれず残してしまった時に、薬が一部飲めていなかった、ということになるので注意しましょう。

粉剤・シロップ剤の飲ませ方②とろみをつけたスープに混ぜる

錠剤と違って、粉剤やシロップ剤は、野菜の煮込み汁や鶏がらスープに混ぜて与えることも可能です。

片栗粉でとろみを付けると成功率がアップするので、ぜひチャレンジしてみて!舌を火傷しないように、軽く冷ましてから与えましょう。

※塩分制限のある心臓・腎臓疾患の犬に与える際は、獣医師に要相談

粉剤・シロップ剤の飲ませ方③投薬用おやつを使う

投薬用おやつは、その名の通り「動物に投薬をする目的で使用するおやつ」のことです。

中心には薬を入れるための穴が開いているタイプや、とろっとしたペーストタイプなど、多種多様。甘くて美味しい香りがついているので、犬の嗜好性・与えやすさの面でもおすすめできます。

おすすめの投薬おやつ①シャンメシャン おくすりちょーだい チーズ味

おすすめの投薬おやつ②いなば ちゅ~る 投薬用 とりささみ味

おすすめの投薬おやつ③サイペット フレーバードゥー

粉剤・シロップ剤の飲ませ方④口を開けて直接のませる

ちょっとしたコツは必要ですが、できればマスターしておきたい直接的な投薬。

基本の投薬はコツさえ掴めば素早くできますし、愛犬の食欲がない時でも無理なく対応できます。

 
さちかわ

愛犬に緊張が伝わらないよう、薬を直接飲ませる時はリラックスして望みましょう。

 

犬の粉剤・シロップ剤を直接飲ませる具体的な方法

犬に粉薬やシロップを飲ませるには、大きく分けて2つの方法があります。

 

具体的な方法①塗り付けパターン

①粉薬は少量のぬるま湯で溶き、とろみのあるものに混ぜる
②指に薬入りペーストを付け、犬をおすわりの姿勢にさせて口を少し開ける
③犬の上あごや歯茎に薬を塗り付け、ペロペロと舐めとらせる

 

 
さちかわ

苦い薬は水で溶いてもマズいので、できれば味の濃いものや美味しいものを使ってあげましょう。

 

具体的な方法②スポイトで流し込むパターン

①粉薬は少量のぬるま湯で溶き、スポイトに入れる(シロップはそのまま)
②利き手でスポイトを持ち、反対の手で犬の頬骨をつかみ、斜め上を向かせる
③犬歯の後ろの隙間部分からスポイトを入れ、少しずつ薬を流し込む

 

 
さちかわ
誤飲には十分注意して!あまりにも嫌がる場合は危険なので、直接飲ませるのは諦めましょう。
 

フード以外の食べ物を利用した投薬方法も試してみよう

愛犬の食欲がある場合は、食べ物を利用した投薬方法がおすすめです。

バナナやチーズなど、犬の嗜好性が高い食材をフォークの背などでつぶし、薬を振りかけて与えましょう。

一カ所に固まってしまわないよう、薬は全体にふりかけて、よく混ぜてから与えてくださいね。

 

こちらもチェック!⇒投薬が苦手なあなたへ|愛犬の投薬に使える食材・おやつを一挙紹介


▼合わせて読みたい

関連記事

  さちかわ 愛犬のアトピーを改善するには、どんな食べ物が効果的なのでしょうか? 本記事では、犬のアトピー改善に効果的なヨーグルトの働きと摂取するタイミング、愛犬に与える時の注意点を解説します。 ぜひ、免[…]

 

愛犬への投薬で活躍するチルドフードなら「ブッチ」

アレルギー疾患のように、日常的な服薬が必要な愛犬には「ブッチ」のようなプレミアムドッグフードがおすすめ!

ブッチとは、環境規制が世界一厳しいニュージーランド産の原材料を使用したフードで、水分量がとても多く、薬を埋め込むのも簡単。

消化吸収に優れているので、体調不良の時にも食べてくれやすく、主食としてもおすすめですよ。

 

粉剤はつぶしたブッチに振りかけて。シロップ剤はブッチにお湯をかけ、ペースト状にしたものに垂らし、よく混ぜる。


▼動物看護師が解説!ブッチの魅力と口コミ評価をリサーチしてみた

関連記事

  手作りごはんやトッピングに興味はあるけど、もう少し手軽に試せるものはないかなぁ… そんな飼い主さんにおすすめなのが「ブッチ ドッグフード(Butch)」です。 ブッチドッグフード(以下ブッチ)は、生肉と同じくら[…]

ブッチ

 

犬が薬を飲むのを拒否する場合の対処法

 
食べ物に混ぜても警戒して食べてくれないし、直で飲ませるのはもっと難しいんだけど…。

そんな時は、実際に動物病院で行われている対処法を実践してみましょう!

①愛犬を優しくバスタオルでくるみ、手足のバタつきを抑える
※大きい犬の場合は、部屋の角でおすわりをさせ、後ろに下がれないようにしよう

②後ろから抱きかかえるように持ち、直接薬を飲ませる方法で薬を飲ませる

 

 
さちかわ
シニア犬や体調が悪い愛犬に行う場合は、必ず様子をみながら行うことが大切です。長時間は愛犬のストレスになるので、事前にぬいぐるみなどでイメトレをしてくださいね。

 

投薬がどうしても難しい時は?

薬は、飲んだり飲まなかったりすると、耐性菌がついてしまい、効果がなくなる可能性があります。

投薬がうまくいかなければ、アレルギーの治療も先に進みませんし、なによりお互いのストレスになります。

もし、どうしても投薬がうまくいかない場合は、かかりつけの動物病院に相談しましょう。

 

 
さちかわ
場合によっては、効き目の持続時間が長い、注射薬に変更してもらえることもあるので大丈夫。1人で思い詰めず、使えるサポートは全部利用する!くらいの気持ちでいることが大切ですよ。

まとめ

投薬は、飼い主さん、わんちゃん双方にとって負担になることも少なくありません。

調子の悪い愛犬に、無理やり薬を飲ませなければいけないとなると、飼い主さんも辛くなってしまいますよね。

今回ご紹介した内容を参考に、お互いが楽に、確実に投薬できる方法を探してみましょう。

 

 
さちかわ
投薬グッズなど、今は便利なものがたくさん出ているので、上手に活用してみてくださいね。
 
関連記事

    アレルギー治療のために薬を出してもらったけど、どうやって飲ませるべき? とにかく飲ませるのが大変!気付かれて逃げてしまうし、目を離したすきに吐き出される…! 投薬に関する飼い主さんのお悩みは、[…]

最新情報をチェックしよう!