魚はアレルギー症状が起きにくい?犬に与えてはいけない魚はある?おすすめの魚系フードも

 
さちかわ
魚はアレルギーに効果的という話、耳にしたことはありませんか?
 

魚を使ったフードやおやつはたくさんあるので、興味を持っている飼い主さんも多いと思います。

そこで今回は、犬に魚を与えるメリットやアレルギーとの関係性、選ぶべき魚の種類や与える際の注意点を紹介します。

 

犬の約40%は食物アレルギーの可能性がある

意外に思うかもしれませんが、犬は食物アレルギーを持っている可能性が高い動物です。

特に最近は食物アレルギーを持った犬の割合が徐々に増えており、昔よりも多くの犬たちがアレルギー症状に苦しんでいます。

なお、犬がアレルギーを起こしやすい食べ物としては、牛肉・乳製品・小麦・仔羊肉・鶏肉・鶏卵・大豆・とうもろこしなどが挙げられます。

 

 
さちかわ
あるメーカーの調べでは、犬の約40%は食物アレルギーを持っていることがわかったのだとか。スパイスや添加物に対してもアレルギーは起こる可能性もあるので、初めてのものを与える時は注意しましょう。

 

アレルギー体質の犬も魚にはアレルギーを起こしにくい

上の表をみて「あれ?魚は入ってないんだ…」と思ったあなた。

そう、数ある食材のなかでも、魚は犬がアレルギーを起こしにくい食材であることが分かっているんです。

魚がアレルギーの原因になりにくい理由はまだ分かっていませんが、食物アレルギーの犬にとって「魚」は安心して食べられる食材です。

魚は皮膚・被毛の健康をサポートしてくれる

魚はアレルギーを起こしにくいだけではなく、アレルギーによる皮膚の炎症を緩和してくれる効果も期待できます。

その理由は、魚に含まれるフィッシュコラーゲン、アスタキサンチン、ガンマリノレン酸、DHA&EPAなどの成分が関係しています。

これらの成分には皮膚や被毛の健康をサポートしてくれる作用があり、アレルギーによる皮膚の炎症に悩む愛犬に最適!

 
さちかわ
毎日の食事に魚を取り入れることで、無理なく皮膚・被毛の健康を維持することができるんですね。

 

▼オメガ脂肪酸について詳しく知りたい方はこちらもチェック

関連記事

      うちのこのアレルギーを改善してあげたいけど、食事や生活習慣を見直しても上手くいかない…。     さちかわ そんな方には、オメガ3脂肪酸を利用したアレルギー対策がおすす[…]



犬のアレルギー対策には「青魚」か「マグロ」がおすすめ

ひとくちに魚といっても、白身魚や赤身魚、青魚など種類はさまざま。

魚は全般的にアレルギーを起こしにくい食材ですが、アレルギー緩和を目的に摂取するなら「青魚」か「マグロ」がおすすめです。

アレルギー症状の緩和作用がある「DHA・EPA」は魚の種類によって量が違う

魚に含まれるDHA・EPAには、アレルギー反応を促進させる酵素「シクロオキシゲナーゼ」を阻害する働きがあります。

ただし、DHA・EPAは魚によって含有量が違うので、より多くのDHA・EPAが含まれている魚を与えるのがアレルギー改善の近道。

つまり、愛犬に魚を与える際は、DHA・EPAを多く含む種類を選ぶと、より効率的にアレルギー対策ができるというわけです。

 

魚別・「DHA・EPA」を調べてみた

犬のフードやおやつに使われている魚のうち、DHA・EPAの含有量が多いのは「マグロ、イワシ、サーモン」あたり。

そこで、生の状態のDHA・EPAの含有量を以下にまとめてみました。

 

マグロ…DHA:2800mg EPA:1300mg
イワシ…DHA:1300mg EPA:1100mg
サーモン…DHA:730mg EPA:350mg

 

これをみると、マグロがもっとも栄養価が高いことが分かりますね。

 
さちかわ
ちなみに、DHA・EPAは加熱すると大分壊れてしまうので、生のまま与えるか、サプリメントを活用するのが理想的ですよ。
 

犬に魚を与える時に注意したい3つのポイント

魚には皮膚・被毛の健康をサポートする効果が期待できますが、与える際は注意するポイントがあります。

スーパーなどで買った魚を愛犬に与える時は、以下の3点を注意しましょう。

食中毒

私たち人間と同じように、犬も腐った食べ物を食べると体調を崩します。

犬は強い胃酸を持っているので、人間ほど腐ったものへの抵抗力は低くありませんが、子犬やシニア犬は要注意。

温かい時期は魚が傷みやすく、食中毒のリスクが高まるので、特に気をつけましょう。

骨の誤飲

犬に魚を与える際、意外と多いトラブルが骨の誤飲です。

魚の鋭い骨は喉や食道に刺さってしまう可能性があり、のどの違和感から食欲不振やえづくような仕草を見せることも。

愛犬に魚を与える時は、太い骨などが残っていないかチェックするようにしましょう。

アニサキスの寄生

アニサキスとは、魚の内臓や肉に寄生する虫のことで、ひどい腹痛や嘔吐を引き起こします。

加熱したり、冷凍したりすれば死滅するので問題はありませんが、生きたまま飲み込んでしまうと腸や胃に穴を空けてしまうことも。

ちなみに、アニサキスは放っておいても体外へ排出されることはないので、内視鏡による摘出手術が必要です。

 
さちかわ
ちなみにアニサキスは目視することができます。小さなミミズのような形で、ニョロニョロと動きますよ…
 

まずはドライフードで手軽に取り入れてみよう


 
さちかわ
今までドライフードをあげていた場合、急に魚を取り入れるのは難しいですし、ちょっと大変そうに感じてしまいますよね。

そんな時は、魚を使用したドライフードから試してみてはいかがでしょうか?
魚が主原料のフードは意外とたくさんあるので、気になるものをピックアップしてみましょう。
選ぶ時は、できるだけ魚の含有量が多い&アレルギー性が高い食材が使われていないものを基準にするのがポイント。
DHAやEPA、オメガ3・6脂肪酸の栄養価が損なわれないよう工夫して作られているものを選ぶといいですよ。

魚系おすすめドッグフードをご紹介!

エッセンシャルドッグフード

原料の質栄養バランス添加物アレルギー対策コスト
     
  • お魚フードの決定版!原料の77%が魚
  • スーパーフード「アサイー」や「朝鮮ニンジン」を配合
  • グレインフリーなので穀物アレルギーの犬もOK

エッセンシャルドッグフードは、原料の77%に魚を使用した珍しいフードです。

鶏肉や穀物など犬がアレルギーを起こしやすい原料はいっさい入っていないので、検査はしていないけどアレルギーかも?と疑いがある場合におすすめですよ。

エッセンシャルドッグフードの公式ページを見てみる

ブリスミックス「サーモン」

ブリスミックス
原料の質栄養バランス添加物アレルギー対策コスト
     
  • フレッシュサーモンとドライ魚肉使用
  • お口の状態を整える 口腔内善玉菌 K12 を配合
  • アガリクス茸・乳酸菌 EF2001で免疫力アップも期待できる

ブリスミックス「サーモン」は、新鮮なサーモンが主原料のドッグフードです。

口臭を抑えてくれる善玉菌・免疫力アップに役立つアガリクス茸・関節サポート成分など、多種多様な機能性成分が含まれているのが、ブリスミックス「サーモン」の強み。

原料の質やこだわりという面では1位・2位に及びませんが、なんといっても圧倒的な「コスパの良さ」がブリスミックスの魅力でしょう。

ブリスミックスの公式ページを見てみる

 

まとめ

魚はアレルギー反応が起きにくいだけではなく、アレルギー症状を抑える効果も期待できます。

皮膚や被毛のサポートも維持してくれる効果もあるので、アレルギー持ちの犬はもちろん、健康な犬にもメリットが多い食材といえます。

ぜひ毎日の食事や特別な日のトッピングに魚を取り入れて、愛犬の健康をサポートしてあげてくださいね。

 

最新情報をチェックしよう!