馬肉はアレルギーの犬におすすめ!馬肉のメリット・デメリット、与える時の注意点やおすすめ馬肉フードを紹介

馬肉はワンちゃんの健康づくりをサポートしてくれる、頼もしい食材です。

馬肉を使ったフードやおやつもたくさん作られているので、興味を持っている飼い主さんもいるのではないでしょうか。

そこで今回は、馬肉のメリットや与え方、おすすめの馬肉商品を紹介します。

 

なぜ馬肉がいいの?馬肉をおすすめする4つの理由

馬肉は低カロリー、低脂質、高タンパク

馬肉は脂肪分が牛肉の約1/5、カロリーは半分程度しかありません。

そのうえタンパク質は他の肉以上に含まれているので、ダイエット中のわんこにもピッタリ。

毎日美味しくご飯を食べながら、無理なくスリムを目指すことができます。

 

馬肉は栄養価が高い

馬肉には、グリコーゲン・ビタミンA・ビタミンE・カルシウム・鉄分などの栄養が豊富に含まれています。

また、馬肉のタンパク質に含まれるペプチドは皮膚を保湿する効果もあり。

アトピー性皮膚炎の犬はもちろん、冬場など乾燥しやすい時期の食事としてもおすすめです。

 

生の馬肉は、栄養素を丸ごと摂取できる

適切な処理をされている馬肉であれば、生のまま食べることができます。

多くの栄養素は加熱すると壊れてしまったり、量が少なくなったりしてしまうので、加熱せずに食べられるのは大きな魅力。

生の馬肉は犬の消化機能を高め、免疫力をアップする効果も期待できます。

 

馬肉は食物アレルギーを起こしにくい

馬肉は抗原度が5段階中2と低く、食物アレルギーを起こしにくい食材です。

なお、馬は体の大きさに対して内臓が小さく、抗生物質やホルモン剤等の薬品を飼育中に与えることは望ましくないとされています。

馬肉は、他の肉と比較すると安全性が高く、添加物を避けたい方にとってメリットが大きい食材といえるでしょう。

 

食物抗原度とは、食物がアレルゲンになる可能性の高さを統計から5段階に分けたもの。抗原度が低いほどアレルギーを起こしにくい食材ということ。
 

馬肉はどんなタイミングで与えるべき?

与え方①:ドライフードのトッピングとして

総合栄養食であるドライフードにトッピングすれば、栄養面の心配をせずに与えられます。

与え方は簡単。いつものフードを20%程減らして、その分ミンチや一口大に切った馬肉を追加するだけでOK。

最初は少なめから、愛犬の様子をみながら調整しましょう。

 

与え方②:完全手作り食で

トッピングよりも難易度は上がりますが、完全手作り食に活用してもOK。

1日に必要な栄養がバランスよく摂れるように、野菜や果物、穀物など、他の食材と組み合わせて与えてくださいね。

 

▼手作りごはんに興味があるならこちらもチェック

与え方③:おやつとして

馬肉を初めて与えるなら、手始めにおやつはどうでしょうか。

生肉やジャーキーをご褒美などに取り入れるだけでも、愛犬は喜んでくれるはず。

おやつタイプの馬肉は色々でているので、愛犬の好みに合いそうなものを探してみましょう。

 

 
さちかわ

小さくカットされたものは使い勝手が良いですし、大きめのものは食べ応えがあってガム代わりにもなるのでおすすめですよ。

 

馬肉は生のまま愛犬に与えて大丈夫

犬の祖先であるオオカミは、狩りをして捕まえた小動物を生のままで食べていました。

もちろんオオカミと犬の体は全く同じではありませんが、内臓などの消化器官はほとんど変わりません。

そのため、犬はむしろ生肉を食べることに向いているといえるでしょう。

 

加熱した肉にくらべて生肉は栄養がたっぷり

生肉は活きた酵素や乳酸菌、ビタミン、ミネラルを豊富に含んでおり、火を通さなければ栄養素を全て摂取できます。

水分量が多いので、免疫力アップや毛艶の健康維持、結石症・熱中症の予防など、嬉しい効果がたくさん期待できますよ。

食べ慣れていないと胃腸がビックリして下痢につながる可能性があるので、初めは少量から与えましょう。

 

 
さちかわ
生肉に抵抗があれば、最初は軽く茹でるなど火を通して、徐々に生肉に移行していくのもいいですよ。
 
 

馬肉を与えるうえでの注意点3つ

総合栄養食ではない

馬肉は栄養豊富な食材ですが、ワンちゃんに必要な栄養を全て補えるわけではありません。

総合栄養食と併用して与える、別の食材と一緒に与えるなどして、足りない分を補う必要があります。

 

-20℃以下で48時間以上冷凍するとより安全

生肉は寄生虫の心配がありますが、-20℃以下で48時間以上冷凍すれば完全に死滅します。

基本的に、楽天などで販売されているものは正しく冷凍処理されているので、心配しなくても大丈夫です。

気になるようなら、おうちでしっかりと冷凍してから与えても良いでしょう。

 

絶対にアレルゲンにならない訳ではない

馬肉はアレルギーを起こしにくい食材ですが、100%起きないわけではありません。

タンパク質である以上、馬肉に反応するワンちゃんもいるので、初めての時は様子を見ながら少量ずつ与えてください。

 

馬肉で作られたフード・おやつ5選

さて、ここからは馬肉で作られたフード・おやつのうち、飼い主さん人気が高い商品を5つ紹介します。

 

 
さちかわ
どの商品も安全性が高く、使い勝手の良いものばかりなので、馬肉ビギナーの方は参考にしてみてくださいね。
 

おすすめ商品①:健康いぬ生活 馬肉自然づくり 1kg

馬刺し専門店が作るドライタイプのフードです。

使用しているのは、日本一の肥育技術といわれる熊本で育てられた馬の肉。

人間用の馬刺しを使い、獣医師監修のもと、人間用と同じ衛生基準で作られた安全性の高いフードです。

 
さちかわ
同じメーカーで「馬肉芳醇づくり」というしっとりタイプのフードも出ているので、噛む力が弱いシニア犬はそちらを選んでみてもよいかも。
 
▼馬肉自然づくりについて徹底解説!
関連記事

  安全性が高くて美味しく食べられる、アレルギーわんこに良いドッグフードってあるの? そんな方は、ぜひ「【馬肉自然づくり】 」をチェックしてみてください。 馬肉自然づくりは、原材料のクオリティに徹底的にこだわっ[…]

 

おすすめ商品②:健康いぬ生活 馬肉パラパラミンチ

同じく健康いぬ生活より、トッピングに最適な馬肉ミンチもあります。

馬肉自然づくりと同じく、こちらも人間用の馬刺しを加工して作っているので、安全性はピカイチ!

いつものフードにスプーン1杯分ふりかけるだけでいいので、手軽に試せるのも嬉しいですね。

 

▼トッピングに最適!馬肉パラパラミンチを詳しく調べてみた

関連記事

  ドライフードや手作りごはんのトッピングって、どうやって選べばいいの?色々ありすぎて分からない…! そんな飼い主さんにおすすめなのが「馬肉パラパラミンチ(馬肉贅沢ミンチ)」です。 馬肉パラパラミンチは「人が食べて[…]

 

おすすめ商品③:健康いぬ生活 無添加 おやつ 馬肉アキレスジャーキー 105g (35g×3袋)

馬のアキレスをそのまま乾燥させた無添加おやつです。原材料はすべて国内産・無添加なので、安全性もバッチリ。

噛み応えがあるので、ダイエット中のワンちゃんやガム代わりにもおすすめですよ。

 

おすすめ商品④:イリオスマイル 犬用馬肉 パラパラミンチ 300g×3袋

国産の馬肉100%の無添加ミンチ。切る必要が無いので手軽で助かりますね。
フードのトッピングにも使いやすく、老犬や歯が弱いワンちゃんにも食べやすいのが魅力です。

 

おすすめ商品⑤:帝塚山ハウンドカム 生馬肉ブロック 500g×2パック

カナダ・メキシコ産の無添加馬肉ブロックです。
ブロック肉は、ミンチやスライスよりも断面が少ないぶん、開封後も鮮度を保ちやすいのが魅力です。
好みの大きさにカット出来るので食べ応えもありますよ。手作りのジャーキーも作れます。
 
 
さちかわ
馬肉フード・おやつでは、健康いぬ生活の商品が3つもピックアップされました。健康いぬ生活は人間用の馬刺しを使用するなど、馬肉に高いこだわりがあるメーカーなので、馬肉ビギナーの方は同メーカーから選ぶと良いかもしれません。
 

まとめ

今回は馬肉について取り上げてみました。

「馬の肉をしかも生のままで?」と驚くかもしれませんが、実はメリットがたくさんあると感じてもらえたら嬉しいです。

アレルギーの有無に関わらず、馬肉は犬にとって嬉しい効果がたくさんある食材なので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

犬・猫専用の Q&Aサイト で相談してみよう!

愛犬と暮らすなかで、気になることや困ったことがあった時、ネットではなかなか情報が見つからない…と感じたことはありませんか?

そんな時は、犬・猫に関するお悩み共有サービス「DOQAT」をチェックしてみると、すぐに答えが分かるかも。

DOQATは完全無料のウェブサービスで、同じ犬種や年齢ごとのお悩みを調べたり、利用者同士が気軽に相談したりできる場です。

犬に関するお悩みだけでも8000件以上載っているので、あなたの探している答えがきっと見つかるはずですよ。

最新情報をチェックしよう!