アレルギーの犬には手作りのおやつがいい?おすすめのおやつを紹介!

愛犬が食物アレルギーを持っていると、食べられるものを探すのは大変ですよね。

 
おやつをあげたいけれど、アレルギーが出てしまうかも…。

そんな風に躊躇してしまう気持ち、よく分かります。

そこで今回は、食物アレルギーを持つわんちゃんのため、おやつ選びのポイントを解説します。

 

 
さちかわ
おすすめのおやつも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

目次

食物アレルギーを持つ愛犬におやつをあげてもいいの?

少し話がズレますが、そもそも「食物アレルギーの犬におやつを与える」ことは問題ないのでしょうか?

結論からいうと【アレルギーの原因食材が入っていないおやつなら(基本的には)大丈夫】と考えてOKです。

 

動物病院で食物アレルギーと診断された場合、低アレルゲンフードと水以外のものは与えないように、と言われるかもしれません。

確かにアレルギーを管理することだけを考えればそれが1番ですし、症状がひどい時は仕方ないでしょう。

でも、私たち人間と同じように、おやつは愛犬にとって大きな楽しみの1つ

ご褒美やしつけ、コミュニケーションツールとして、また投薬補助としても、おやつは有効な手段でもあるのです。

 

 
さちかわ
食物アレルギーを起こさないよう、配慮して作られているおやつは多数あるので、食べても平気なものが見つかるかもしれません。アレルギーがあるから…、と諦めてしまわずに、試してみる価値はありますよ!

 

アレルギーを持つ愛犬のおやつを選ぶ3ポイント

食物アレルギーを持つ犬には、どんなことに気を付けておやつを選んであげればいいでしょうか?

ここでは、アレルギーを持つ愛犬のおやつを選ぶ際のポイントを3つ解説します。

 

ポイント1:アレルゲン(反応する食材)を含んでいないか

当たり前ですが、愛犬が反応してしまう食材(アレルゲン)が含まれていないことが大前提です。

せっかく処方食を食べている意味も無くなってしまうので、原材料は必ずチェックし、疑わしいアレルゲンは徹底的に排除しましょう。

 

ポイント2:アレルギー性の高い食品添加物は使われていないか

食品添加物がアレルギーの原因になることもあるので、食品表示は細かくチェックしましょう。

すべてではありませんが、安価なおやつほど犬の健康への配慮が十分でない・足りていない傾向があります。

飼い主さん受けをよくするため、保存料が大量に使われていたり、着色料や香料などが使用されていることも多いでしょう。

 

 
さちかわ
添加物を含んでいない、シンプルな原材料で作られたものほど、より安心して与えられるおやつです。

 

また、原材料の産地にも注目してみてください。

自分たちが食べるのを避けている原産国のものは、愛犬にも与えない方がいいでしょう。

保存環境に考慮し、できれば国産であることが望ましいです。

 

ポイント3:少量ずつ与えられるものがおすすめ

少量ずつ与えられるおやつは使い勝手が良いので、常に1種類は常備しておきましょう。

アレルギーを持つ犬の場合、はじめはアレルギー症状が出ないか様子を見る必要があるので、少量ずつ与えやすいおやつを選ぶのがおすすめ。

食べすぎを防ぐこともできるので、一石二鳥ですよ。

 

アレルギーを持つ愛犬専用のおやつ4選

アレルギー専用のおやつは、アレルギーの原因となるタンパク質に配慮して作られているので、安心して与えることができます。

ただし、全ての食物アレルギーに対応しているわけではないので、原材料は必ずチェックしてくださいね。

 

アレルギーを持つ愛犬専用のおやつ①:ヒルズ 低アレルゲン トリーツ

このおやつは加水分解したタンパク質を使用し、アレルゲンとして認識されにくいように作られています。

皮膚のバリア機能を高めてくれる栄養素も配合されているのが嬉しいです。

 

アレルギーを持つ愛犬専用のおやつ②:Dr.voice 肌にやさしいトリーツ

特徴:主要なアレルゲン成分34品目不使用・タンパク質を0.1%以下に抑えている

アレルギーを持つ愛犬専用のおやつ③:ベッツワン 低アレルゲントリーツ 食べやすいボーロタイプ

特徴:主要なアレルゲン成分8品目不使用

アレルギーを持つ愛犬専用のおやつ④:PE ペティッツシリーズ

特徴:主要なアレルゲン成分35品目不使用

肉の種類や食感、カロリーごとに複数の製品があり、投薬用トリーツも揃っている

 

アレルギーを持つ愛犬向けの無添加おやつ5選

続いて、アレルギーを持つ愛犬におすすめの無添加おやつを紹介します。

食物アレルギーの主な原因物質は、食物中に含まれるたんぱく質ですが、食品添加物もアレルゲンになることがあります。

アレルギーに配慮されたおやつではなく、無添加のおやつを選ぶことでアレルギーを回避しましょう。

 

アレルギーを持つ愛犬向けの無添加おやつ①:ピュアボックス ドットわん 犬用おやつ ササミジャーキー

特徴:国産のハーブ鶏のみで作られている

香りがよく、柔らかめなジャーキータイプで、使い勝手が良い

アレルギーを持つ愛犬向けの無添加おやつ②:ワイエス・ワン 100%馬肉細切り

特徴:アレルゲンとなりにくく、低カロリー馬肉100%で作られている

細切りなので、顎や口の力が弱い小型犬・子犬・シニアも食べやすく、嗜好性が高い

アレルギーを持つ愛犬向けの無添加おやつ③:イリオスマイル 北海道蝦夷鹿の干し肉

特徴:低アレルゲン、低カロリーな鹿肉(北海道産)のみで作られている

ややちぎりにくいようなので、小さくするにはハサミを使ったほうがいいかも

アレルギーを持つ愛犬向けの無添加おやつ④:帝塚山ワンバナ 干し芋スティック

特徴:国産のさつまいもだけで作られている

柔らかくしっとりとした食感で、犬の嗜好性が高いと評判

アレルギーを持つ愛犬向けの無添加おやつ⑤:DCイノベーション 酵素のおやつ 5種類 お試しパック

特徴:10種類以上のおやつの中から5種類を選べるお試しパック

全て国産材料で作られていて、お肉だけでなく、魚やチーズなども選ぶことができる

余裕があれば、おやつは手作りするのもあり!

ご飯を手作りするのは、手間や栄養面でハードルが高いかもしれませんが、おやつならどうでしょう?

栄養はごはんでバランス良く取れていれば良いので、おやつの栄養素に関してはそこまで気にする必要はありません。

お肉を茹でるだけ、野菜をふかすだけなら手間も掛かりませんし、レンジ調理もおすすめです

 

なかでも鶏ささみは手に入りやすく、低カロリーな食材なので、手作りおやつに最適。

馬肉・鹿肉は低カロリーなうえ、低アレルゲン食材で、食物アレルギーの愛犬にもおすすめですよ!

手作りご飯については別サイトで詳しく解説しているので、もしよければこちらも見てみてください♪

 

\ 姉妹サイト 手作りドッグフードさーち /

 

まとめ

愛犬がおやつを喜んでくれると、こちらも幸せな気持ちになりますよね。

愛犬が食物アレルギーを持っていたとしても、絶対におやつをあげられないと諦める必要はありません。

ぜひこの記事を参考に、愛犬が食べられるおやつを探してみてくださいね♪

 

正しい肌トラブル対策、できていますか?

わんこの皮膚炎、フケ、かゆみなど肌トラブルの原因のひとつはシャンプーです。

ワンニャンふわっしゅは天然成分100%、肌を刺激する成分を一切使っていないペットシャンプー。

食品または食品に準ずるものを原料としているので、万が一口に入れても心配いりません。

大切な家族に触れるものだからこそ、肌にやさしいシャンプーを選びましょう。

最新情報をチェックしよう!