わんデイズ

リトルファミリー少額短期保険「わんデイズ」気になる部分を一挙まとめ

わんデイズ

リトルファミリー少額短期保険は、2021年6月に販売開始されたペット保険です。

老舗損保会社であるあいおいニッセイ同和損保のノウハウを持って作られただけあって、正直かなり魅力的!

わんデイズの販売で、他のペット保険会社はかなり危機感を感じているのでは…と思うほど、内容が充実しています。

 

 
さちかわ
今回は、そんな「わんデイズ」の概要と気になるポイント、おすすめできる点を紹介します。
 

ペット保険を探している方にとって重要なポイントを抜粋しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

わんデイズの概要

わんデイズ

  • 免責期間:初日から30日間
  • 新規加入年齢:生後30日~8歳11ヶ月
  • 既往歴:がん、糖尿病などは入れない可能性あり
  • 加入後の更新について:条件なし

 

ひとつずつ解説していきます。

わんデイズ新規加入は8歳11か月まで

わんデイズに初めて加入する時は、生後30日~8歳11か月までに申し込む必要があります。

つまり、9歳以上の愛犬の場合、残念ながらわんデイズには入ることができないということですね。

ちなみに、どこのペット保険も新規加入年齢を定めていますが、わんデイズの年齢条件は優しいほうです。

早いところだと7歳以上はもうNGというペット保険もあるので、シニア期に入ってからも検討できるのは嬉しいですね。

 

 
さちかわ

なお、シニアを対象にしたペット保険であればもう少し年齢が高くても入れるものがありますよ。

 

既往歴によっては加入ができないけれど、数は多くない

がんや糖尿病など、一部の病気になったことのある犬は、わんデイズの申し込みができません。

詳しくは公式ページに載っているので見ていただきたいですが、他のペット保険よりも比較的少ないですね。

保険料が安いペット保険では、既往歴でNGになることが多いので、わんデイズは入りやすいペット保険といえるでしょう。

申し込み前は、このページをよく見て愛犬がかかったことのある病気がないかチェックしてくださいね。

 

加入後の更新条件がない

これはかなりの一押しポイントなのですが、わんデイズは一度契約すれば一生涯にわたって補償してくれます。

前回更新してから何回保険金を請求したか、いくら分の保険金を受け取ったか、というのは、更新可否に関係しないのです。

簡単にいえば「更新はできるけど今後この病気はNG」「保険金請求が多いから保険料を高くします」などは一切なし。

保険料が安いペット保険のなかには、更新自体断られてしまうケースもあるので、これはかなり嬉しいですね。

 

> わんデイズの公式サイトはこちら <

 

わんデイズは保険料がリーズナブル

わんデイズ

さて、ペット保険を選ぶうえで特に重視したい部分は「保険料」ですよね。

結論からいうと、わんデイズの保険料は他社に比べて圧倒的に安いわけではないですが、保障内容からすればオトク!

更新条件がつかないうえ、基本補償がかなり手厚いので、入って後悔することはないといえるペット保険です。

 

わんデイズの保険料について

  • 3年ずつ、緩やかに上がっていく(100~700円くらい)
  • 50%・70%ともに1年間の保険金上限額は120万円(通院30万円・手術30万円・入院60万円)

 

 
さちかわ
保険料の上り幅は、大型犬がもっとも大きいです。

 

とはいえ、正直他のペット保険よりは保障内容を考えても安いですね。

 

わんデイズのここがポイント!

わんデイズ

わんデイズは、日額上限・回数制限・免責金額すべてなし!

120万円(通院30万円・手術30万円・入院60万円)以内であれば、細かな制限や決まりはありません。

動物看護師からいわせると、これはかなり魅力的な補償内容なんですよね…。

 

というのも、動物が体調を崩した場合、血液検査やレントゲン、超音波エコーなどの検査を一気に行うことも多いです。

動物病院によりますが、基本的には各5千円くらいかかると思っていいので、フルコースだと2万円は余裕で超えてしまう!

この時、1日の上限金額が1万円と決まっているペット保険では、いくらかかってもMax1万円までしかでません。

対して、わんデイズは1日の上限金額がなく、加入しているプランの補償(50%・70%)をしっかり受けられるんです。

 

 
さちかわ

しかも、わんデイズは請求金額が5万円以下であれば、請求日当日に保険金が支払われるという、驚きのスピード感です。

 

パテラOK・椎間板ヘルニアOK

わんデイズは、他のペット保険で対象外になりがちな一部の疾患も補償してくれます。

代表的なのが、小型犬に多く発症するパテラ(膝蓋骨脱臼)とダックスなど胴長犬に多い椎間板ヘルニアです。

この2つの疾患は生まれつき素因を持っていることで発症しやすいので、ペット保険会社としては保障の対象外にしたい理由はよくわかります。

 
先天性疾患はペット保険で対象外、というのは仕方ないけど、できれば保障してほしいな…
 
さちかわ
その点、わんデイズなら小型犬の飼い主さんも安心ですよ。

 

驚き!保険金支払いは最短即日

わんデイズ

わんデイズの保険金請求は、とにかく手軽さを重視したシステムです。

支払いまでの期間は、即日~30日以内(午前中・請求金額が5万円以下なら即日が多い)

別途、調査が必要な場合⇒90日以内、災害系⇒60日以内、国外調査が必要⇒180日以内ですが、基本はここまで伸びません。

 

請求方法:マイページから飼い主さんとペットが一緒に写真と診療明細書をアップロードし、必要事項を入力

 

窓口会計はできませんが、とにかく圧倒的に手続きが楽なのは大きな魅力!

窓口会計ではないペット保険で、保険金が即日振り込まれるペット保険は日本初なので、本当にすごいです。

獣医さんに有料で書いてもらった診断書を後日郵送して…というような手間は一切かからないので、心の負担も軽い。

 

 
さちかわ

書いていて思いますが、本当にここまで飼い主目線に立ったペット保険はないですね。

 

わんデイズ

 

動物看護師イチオシのペット保険「わんデイズ」

さて、ここまで飼い主さんが気になると思われる部分を一部抜粋して紹介しました。

難しい言葉が並ぶ約款にも目を通し、できるだけ分かりやすく説明したつもりですが、お役に立てたでしょうか?

わんデイズ

わんデイズはこれまでのペット保険の短所を見事にカバーした商品です。

窓口会計不可・保険証なし(ペーパーレス)など、大手ペット保険会社「アニコム」に軍配が上がる部分もあります。

ただ、それでもとにかく使い勝手がいいですし、これまでペット保険の短所が気になっていた方は、特に感動するのでは?

 

わんデイズの公式サイトでは会員登録なしで無料見積りが出せるので、ぜひチェックしてみて!

 

 
さちかわ

10秒でプランごとの保険料がパッと出てきますよ~♪

 

> わんデイズ公式サイトはこちら <

 

犬・猫専用の Q&Aサイト で相談してみよう!

愛犬と暮らすなかで、気になることや困ったことがあった時、ネットではなかなか情報が見つからない…と感じたことはありませんか?

そんな時は、犬・猫に関するお悩み共有サービス「DOQAT」をチェックしてみると、すぐに答えが分かるかも。

DOQATは完全無料のウェブサービスで、同じ犬種や年齢ごとのお悩みを調べたり、利用者同士が気軽に相談したりできる場です。

犬に関するお悩みだけでも8000件以上載っているので、あなたの探している答えがきっと見つかるはずですよ。

わんデイズ
最新情報をチェックしよう!