ペット賠償責任特約は必要か?犬同士・人に対する賠償など備えておきたいケースについて解説

さちかわ

ペット賠償責任特約という名前を聞いたことはあるでしょうか?

ペット賠償責任特約は、犬と暮らす全ての人に備えておいてほしい保険のオプションです。

今回は、ペット賠償責任特約の特徴や補償範囲、特約を付ける前に必ずチェックしておきたい点を紹介します。

ペット賠償責任特約とは

多くのペット保険には「ペット賠償責任特約」というオプションがついています。
ペット賠償責任特約とは、自分の飼っているペットが他の人(動物)を傷つけたり、壊したりした時にかかる費用を補償するものです。
対人賠償の例
  • 散歩中に自転車とぶつかって相手にケガをさせてしまった
  • 散歩中に知らない人が頭をなでようとしたため、驚いて咬んでしまった
  • 宅配業者が配達にきた時に、飛びかかって怪我をさせてしまった
対物賠償の例
  • お客さんの靴をかじって壊してしまった
  • 他人のペットと喧嘩して怪我をさせてしまった
この特約に加入していれば、損害賠償金や弁護士費用、裁判にかかる訴訟費用などが限度額まで補償されます。
オプションなので料金はかかりますが、その際の料金は月に100円ほど。年単位でみれば1,500円程度の費用で付けることができます。
限度額の範囲は契約内容や保険会社による。大体は1,000~3,000万円くらいで、1憶円まで補償されるものもある。
とはいえ、多少の怪我や破損であればそこまで費用はかからないし…と思いますよね。

ですが、万が一だれかに大怪我をさせてしまったり、高価なものを壊してしまった場合は、数百万円もの費用がかかることも。

以下は、ペットによる損害賠償の凡例です。ケースバイケースではありますが、今一度チェックしてみましょう。

<飼犬→犬攻撃・死亡|慰謝料50万円>

あ 悲しい事案

飼犬Aが飼犬Bに噛み殺した

い 裁判所の判断|財産的損害
項目 金額
犬の価値=購入代金の3分の1 5万円
犬の診療代金 1万4900円
死亡診断書作成費 8000円
火葬代金 1万7850円
噛まれた飼主の治療費 1万9100円
う 裁判所の判断|慰謝料

特殊な事情があった(※1)
→複数の飼主の合計50万円を認めた

え 裁判所の判断|弁護士費用

弁護士費用として6万円を損害として認めた
※名古屋地裁平成18年3月15日

引用:みずほ中央法律事務所 みずほ中央事務所

続いてこちら。

飛び出してきた犬を避けようとして転び、けがを負ったとして大阪府高槻市の男性が、飼い主と保険会社に3948万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が23日、大阪地裁であった。塩原学裁判官は飼い主側に1284万円の支払いを命じた。

判決は、動物は予想できない行動をとり、飼い主は散歩の際はつないでおく義務があると指摘。事故はリードから手を離したために起きたとして「過失は重い」と述べた。その上で、後遺症で男性の労働能力が一部失われたとして、本来得られたはずの収入との差額867万円や治療費などの支払いを命じた。

 

さちかわ
ケースによっては、損害賠償金がかなり高額になります。いざという時に慌てなくて済むように、契約時は念のためペット賠償責任特約を付帯しておくと安心ですよ。

ペット賠償責任特約の請求は、1年に200件以上もある

滅多に使う機会がないように思いがちなペット賠償責任特約ですが、実は意外と使われています。
参照:アニコムの統計資料「アニコム家庭どうぶつ白書」
これをみると、対人・対物ともに、1年でかなりの数の請求がされていることがわかりますね。
また、他人に怪我をさせる「対人」だけに絞ってみると、特に柴犬、秋田犬、ジャーマンシェパードによる咬傷事故が多い。

警戒心が強かったり、動くものに思わず反応してしまいがちな犬種は、特に注意しなければいけません。

さちかわ
特に、大型犬は軽く咬んだだけでも大怪我につながるので、賠償金額が大きくなる可能性があります。

完全室内飼いの猫にもペット賠償責任特約は必要か

猫は、お散歩時など色々な人やペットと関わる機会の多い犬にくらべて、圧倒的にトラブルを起こしにくいです。

そのため、完全室内飼い&来客がまったくない家庭であれば、ペット賠償責任特約は必要ないといっても過言ではありません。

さちかわ
逆に、それなりの来客があり、猫ちゃんが怖がり(あるいは攻撃的)の場合には、入っておくべきですね。

火災保険・自動車保険にペット賠償責任特約が付いている?

意外と盲点なのですが、実はこのペット賠償責任特約は、火災保険や自動車保険についていることが多い特約です。

火災保険や自動車保険についている特約の名前は「個人賠償責任特約」というもので、ペットによる損害も普通に補償してくれます。

さちかわ
個人賠償責任特約は、ペットとは何の関係もない保険についているので、自分がすでに加入していることを見落としている人も多いです。
月々100円のオプション費用とはいっても、長い間気付かずに重複して入っているのは、それだけムダな出費ということ!

ペット保険のオプションとしてつける前は、火災保険や自動車保険の契約内容を確認し、重複していないか確認してからにしましょう。

クレジットカードの特約についていることもあるので、時間がある時にチェックしておきましょう。

 

まとめ

今回は、ペットによる賠償責任に備える「ペット賠償責任特約」について解説しました。

ペット賠償責任特約はあらゆる場面で使えるので、特に犬と暮らしている人には必ず付けておいてほしいもの。

これからペット保険を契約する人や、すでに加入している人は、ぜひペット賠償責任特約の付帯を検討してみてくださいね。

 

最新情報をチェックしよう!